介護施設の仕事内容ですが、掃除洗濯などを行う家事援助と、入浴の介助などを行う身体介護と言われる仕事があります。どちらの仕事もおこないますが、介護施設だと身体介護が主な仕事内容となります。身体介護の中で代表的な仕事に入浴介護があります。ほとんどの施設の場合には、朝と夕方の1日2回行われている時が多いです。こちらの仕事を行う際には様々な点に注意しなければいけません。お風呂の温度はもちろんですが、利用者によっては部屋の温度にも注意が必要になります。お風呂場は非常に滑りやすいので、転倒には最大限の注意が必要になります。このように非常に気を使うし体力を使う仕事でもありますが、利用者の笑顔を見る事ができる仕事でもあります。このような理由から介護スタッフに人気のある仕事でもあります。

また、食事のケアも大切な仕事の一つです。食事は基本的には自分で食事できる利用者には自分でしてもらうので、そのような利用者には食事ケアは必要ありませんが、食べる事がうまく出来ない利用者に対してはケアを行います。こちらのケアを行う事で食べる喜びを得る事が可能です。

介護施設ではケア行うだけでなく、風船やボールなど様々なものを使用したレクリエーションを行います。施設で行うレクの内容は誰でも楽しめる企画をスタッフ全員で行うので、利用者はもちろんですが、介護するスタッフも一緒に楽しむ事が可能となどもいます。その際には利用者の素顔を見る事もできてとても楽しいです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 Choose by you. All Rights Reserved