介護の仕事は在宅系と施設系の二種類の働き方があります。在宅系の仕事は訪問介護や訪問入浴など、自宅で生活をしている高齢者の元へスタッフがお伺いをして働きます。一方、施設系の仕事は入所している高齢者に対して介護を行います。どちらも、対象は高齢者ですが働く場所が違うのが特徴です。

そして高齢者福祉施設として有名なのが老人ホームです。老人ホームの仕事内容は老人ホームの種類によって違いますが、基本的に私達の普段の日常生活と同じ流れで仕事が進んでいます。例えば、朝起きた時に行うのが歯磨きや着替えです。要介護度の重たい高齢者も生活する老人ホームでも、朝勤のスタッフが行う仕事は高齢者の歯磨きのお手伝い(片麻痺の方には歯磨き粉を付けた歯ブラシを渡す等)や、着替えのお手伝いをします。そして、それが終わったら朝ごはんの準備が入るのです。このように介護施設での仕事内容は一般人が普段行う生活スタイルと同じ流れですので、仕事の流れを覚えるのは容易になっています。細かい介護技術や知識を学ぶ必要はありますが、流れ的にはほぼ毎日同じ業務の繰り返しです。ですので、介護の仕事に対して不安がある方はその点は安心できます。

技術や知識、経験が必要な仕事はあるものの毎日普通に生活をしている方ならば介護の仕事は敷居は低いです。また、家事や育児をする機会の多い主婦なら、施設介護においてもその経験は役立つ機会は沢山出てきます。施設でも、ほぼ毎日大量に高齢者の衣類の洗濯を行いますし、食器洗いやお部屋の掃除の仕事もあります。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 Choose by you. All Rights Reserved