資格はもとより、介護施設で働いたこともない。そんな人でも無理なく介護の経験を積めるのが、グループホームで働くことの一番のメリットではないでしょうか。

1つのフロアを中心に、5人~9人の高齢者が共同生活を送っているのがグループホームですが、その日常生活をサポートするのが仕事内容となります。とは言え、朝昼晩の食事も作らなければなりませんし、要介護度の高い方もいますから、食事や入浴、排泄の介助なども行います。利用者とのコミュニケーションが重要なのは当然ですが、皆さん認知症を患っていますので、いつもこちらの言うことを聞いてくれるとは限りませんし、夜の間に失禁してしまって、朝、部屋に行ってみるとベッドが濡れているなんていうこともよくあります。また、天気の良い日には散歩にも出かけますし、レクリエーションなども折々に催されます。昼間であれば、9人の利用者を3人のスタッフで介護するという感じですが、一人が入浴の介助をし、もう一人がトイレに付き添ってとなると、場合によっては一人で7人を見守らなければならない場合もでてきます。もちろんそうは言っても、デイサービスや特別養護老人ホームのように、次から次に仕事をこなさなければならない職場ではありませんし、時間に余裕のある時間帯はケア記録を書きつつ、利用者と一緒にテレビを見ていることもあります。

ゆったりとした時間を過ごしながらも、認知症に対する理解を深めつつ、介護の基本をしっかりと身に付けられるのが、まさにグループホームというわけです。正社員で入社するとなると、定期的に夜勤が回ってきますが、その点を除けば、介護職未経験者にはピッタリの職場と言えそうです。経験者でもどの施設にするか悩む施設の選び方、未経験だとなおさら悩むかと思います。私のおすすめはグループホームですが介護職の選び方を知ろうこちらのおすすめのサイトを読んで自分に合った施設を探してみることもお薦めします。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 Choose by you. All Rights Reserved